お腹が鳴る予防策!?朝食の食べ方をかえる

朝食

 

お腹が鳴る原因の1つとして、朝食の食べ方があります。

 

「腹持ちをよくするために、パンよりご飯の方がいい
などと言われますが、それ以外にも、やっておくとお腹が少しでも鳴りづらくなる方法があります。

 

また、逆にこれをやったらよくないということもありますので、ご紹介していきます。
実際に私が実践して確かめていますが、すべての女性に当てはまるかはわかりません。

 

お腹が鳴りづらくするためにの朝食の食べ方 

パンをご飯に変える

パンの原料は小麦粉です。
ご飯はパ小麦粉食のパンに比べると消化に時間がかかります。
消化に時間がかかると、空腹になるのも送れるのでパンよりもご飯がいいのです。

 

また、ご飯はお米の粒が集まったものなので、パンと比較すると噛む回数が多くなります。
噛む回数が多いとお腹が鳴る大きな予防策にもなるんですよ。

 

なぜなら、よく噛むことで食べ物と一緒に飲み込む空気量が少なくなるからです。
お腹が鳴る原因は胃の中にたまった空気です。

 

この空気量が多いとお腹がよくなってしまいます。
なので、ご飯食にすると腹持ちが良いうえ、よく噛むことになり空気も呑み込みづらくなり、
お腹が鳴る予防策としては、二重の効果が見込まれるのです。

 

納豆を食べる

納豆は腸内環境を整える効果があり、腸内ガスの発生を抑えてくれます。
お腹にたまたガスもお腹がゴボゴボとか鳴る原因になるので、これを納豆を食べて事前対策というわけです。

 

早食いしない&ゆっくり噛む

早食いは口に入れた食べ物をよく噛まないまま胃袋に放り込むので、食べ物と一緒に空気も飲み込んでしまいます。
お腹が鳴る原因は空気です。早食いは胃にも負担をかけますので、ゆっくりとよく噛んで食べるのがお腹が鳴りづらくなるポイントです。

 

味噌汁はススって飲まない

「ズゥ〜ジュルジュル〜」と味噌汁すって飲む方法は、一緒に空気も飲み込んでしまいます。
早食いと同じで、空気はお腹が鳴る原因ですので飲み方に気を付けましょう。

 

炭酸飲料は控える

朝食中や朝食後に炭酸飲料を飲むと、炭酸飲料に含まれている炭酸ガスが胃の中に入ることになります。
量的には、驚くほど多くなく必ずしも炭酸飲料を飲むとお腹が鳴るとは言えませんが、飲むよりは飲まない方が多少、お腹が鳴る確率を下げてくれると思います。

 

炭酸は特に、ゲップを我慢して空気を飲み込んでしまうのはよくありません。
飲むならゲップは出しましょう。

 

朝食をもりもりお腹いっぱい食べるのはどう?

お昼前の空腹をできるだけ先延ばそうと、朝食を無理に食べる方ってもしかするとおられるかもしれません。
これは、お腹が鳴るのを少しは防いでくれるかもしれませんが、無理に食べるのは健康上よくないです。

 

結果的に腸内環境が悪くなれば、ガスも発生しやすいのでお腹がなることになる可能性もあり、
無理に食べることによって、太ることも考えられます。

 

朝食を食べないというのは、昨晩から翌昼まで胃の中に何も入らない状態になるので論外ですよ。


お腹が鳴る予防策!朝食の食べ方まとめ

パンをご飯にかえる

 腹持ちがよくなり、ご飯の粒を噛むことで空気の呑み込みを少なくできる

納豆を食べる

 腸内環境を整え、ガスを発生させづらくする

早食いしない

 食べ物と一緒に空気を飲みまないため

ゆっくり噛んで食べる
 ゆっくり噛んで食べると空気を飲み込まないようになるため
味噌汁はすすらない

 すすって飲む際に空気を呑み込みやすいため

炭酸飲料は控える

 炭酸飲料に含まれるガスが胃にたまってしまうため

大食いはしない

 食べ物を一緒に空気を呑み込んでしまわないように

 

なぜ、私のお腹グ~は止まったの?体験談

お腹がなるのと止めたくれた