【そんなバカな~】コーヒー飲むとお腹が鳴りやすくなるって?確かめてみた

コーヒー

 

コーヒーを飲むとお腹が鳴りやすくなるのは本当か?

 

私、コーヒーが好きで毎日5~6杯飲んでいます。
一部では、コーヒーを飲むとお腹がグルグルなってしまうという口コミがあります。

 


 

↑お腹が鳴るというより、くだしてる感じですね。

 


 

↑なるほど~
胃酸分泌が促進されてお腹がゴギュルゥゥゥゥゥゥゥっって鳴るわけですね。

 

これは検証する価値ありそうです。
もし、コーヒーをたくさん飲む私が、コーヒーを飲むのやめたらお腹が鳴らなくなるのか?実験してみました。

 

コーヒーやめるとお腹が鳴るの止まるの?の結果発表

コーヒーを飲まなくても、お腹はいつものように鳴りました。
また、コーヒーを飲んだからといって、特別にお腹が鳴りやすくなるということも感じられませんでした。

 

コーヒー

私の実験では、コーヒーを飲む飲まないはお腹がなることとは無関係という結論がでました。

 

お腹が鳴ることとコーヒーは、無関係!

 

コーヒーの予備知識

コーヒーを飲むことでどんなメリットがあるのか?またはデメリットがあるのか?調べてみました。
普段からコーヒーを飲む方は、すでに知っているかもしれませんね。

 

コーヒー
コーヒーを飲むデメリットは?

  1. 消化器官が弱い場合は、お腹に不調がでることがある
  2. カフェインが多く含まれているので寝る前に飲みすぎると眠れなくなる

 

コーヒーコーヒーを飲むメリットは?

  1. コーヒーのカフェインに含まれるクロロゲン酸が脂肪の燃焼を促しダイエット効果も期待できる
  2. 国立がん研究センターの研究チームによると、コーヒーの摂取によって肝がんの発生率が低くなるという研究結果が報告されている
  3. 美容、動脈硬化などで注目されるポリフェノールが含まれている
  4. リラックス効果がある

 

コーヒーは飲み過ぎなければ、得られるメリットは多いです。
お腹が鳴るのを気にしてコーヒーを飲まないってのはもったいないですよ。


まとめ

コーヒーとお腹が鳴ることは関係がない!
ただし、お腹をくだす人は稀にいる。

 

最近ではコーヒーが体に良いという研究結果をチラホラ目にするようになってきました。
コーヒーは飲み過ぎなければ、体に良い影響を与える可能性が高く、コーヒーが好きならそのまま飲み続けても良いのでは?というのが今回の結論でした。

 

※ゴクゴク、空気と一緒に飲むのは気をつけましょう。
空気を多く飲むとお腹は鳴りやすくなるそうですよ。

 

なぜ、私のお腹グ~は止まったの?体験談

お腹がなるのと止めたくれた