これは覚えておきたい!お腹が鳴りやすい状況とその理由

お腹が鳴る「グ~ググ~~~」という音。
どうやら、お腹がなりすくなってしまう状況というのがあるらしいのです。

 

私は、この状況をしないように努力しましたがお腹は鳴ってしまいました。
鳴らないというより音が小さく鳴るという仮説と思って下さい。

 

お腹が鳴りやすい3つの状況(仮説)

  1. 猫背になっているとき
  2. 緊張しているとき
  3. お腹が鳴らないようにと恐怖に怯えているとき
猫背になっているとき

猫背になっている姿を想像して下さい。
お腹が圧迫されていますよね。
お腹が圧迫されることでお腹にかかる圧力が高くなり、ガスが溜まりやすくなるのでお腹が鳴りやすくなるということです。

 

緊張しているとき

腸は緊張などのストレスの影響を受けやすい器官と言われていますが、緊張でお腹が鳴りやすくなるのは、緊張によって力が入り奥歯を噛みしめることで唾液が喉にたまり、その唾液を飲み込むときに空気も一緒に飲み込んでしまうからです。

 

お腹が鳴らないようにと恐怖に怯えているとき

お腹が鳴る原因は、空腹時に胃の収縮運動によって胃から腸へ空気が流れるときに音が鳴るものです。
この空気の量が多いとお腹が鳴りやすくなるようなので、「お腹が鳴らないように!」と恐怖に怯えると上記の緊張状態となり空気を飲み込んでしまうことになるからです。

 

この逆の状況を作ればお腹は鳴らなくなるのか?

答えはNOです。

 

お腹が鳴るのは、胃の収縮運動で自然の消化器官の運動です。
それを止めることはできません。

 

お腹が鳴りやすい状況の逆をすると、お腹の音は若干小さくなるという程度でしょう。
根本的な解決策はどうやらないっぽいですよ。

 

お医者さんにも、「お腹が鳴って困るんです。どうにかしてください。」という患者さんが多いそうですが、空腹時にお腹が鳴るのは病気ではなく異常がみつからないことはよくある話みたいです。

 

ただ、空腹でないときにもお腹が鳴るのは○や○も考えられるので気になった方は来院した方がよいと思います。

なぜ、私のお腹グ~は止まったの?体験談

お腹がなるのと止めたくれた